新築一戸建て住宅にかかる不動産取得税

家屋を取得すると戸建住宅、マンションを問わず「不動産取得税」が課税されることになります。ここでの「取得」には相続による取得は含まず、売買・交換(有償)、贈与(無償)、新築・増築・改築(価格増加の場合)による取得が対象となります。ではどのように課税されるかといいますと、「普通徴収」といって送られてくる納税通知書によって納付します。肝心の収める額については、役所が定める「固定資産課税台帳登録価格」を基準とします。この登録価格に税率をかけて納税額を算出します。例えばある人が買った家屋の登録価格が5,000万円であったとすると、その5,000万円に税率(現在は3%)をかけた額である150万円が住宅取得に関して「不動産取得税」という形で徴収されます。また、住宅だけではなく「土地」についても同様に、先程の登録価格に税率をかけた額(3%)を不動産取得税として納めることになります。先程と同じく考えると、土地について役所が算出した登録価格が1億円であった場合は1億円に3%をかけた300万円が土地に対しての不動産取得税という事になります。

我が家はマンションを購入して5年がたつので、もうそろそろ固定資産税がとられそうです。今までは住宅ローンの減税措置などで税金も返ってくるし、その分で固定資産税を払うこともできましたが、その減税措置もたしか5年間だったような。一戸建てよりは安いイメージではありますが、結構痛い出費ですよね。。正直、詳しい金額とかは分かりませんが、少なからずいいお肉が食べれる程度には出費があるのだと思います。

新築一戸建て住宅の第一建設では 川西市 新築一戸建てを案内しています。 2313

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建て住宅にかかる不動産取得税.