不動産取得税と控除

つまり、前項で出てきた例をモデルケースとしてみると、住宅購入と同時に土地を手に入れた場合には、住宅の不動産取得税150万円と土地の不動産取得税300万円の合計450万円の取得税を原則として納めることになります。ただし、これには例外があり、登録価格が「控除」される場合があります。その控除される要件を見てみると、まず、住宅に関しては、その取得した家屋の「床面積」が50㎡以上240㎡以下であれば、その登録価格より1,200万円控除されます。つまり先程の例で言えば、登録価格5,000万円から1,200万円が控除されて、3,800万円が登録価格となります。また、土地に関しても「宅地」を取得した場合には、登録価格が半分になります。先程の例で言えば1億円の半分ですから、土地についての登録価格が5,000万円になるという事です。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建て住宅にかかる不動産取得税.